ひうち棚『急がなくてもよいことを』

ひうち棚『急がなくてもよいことを』

  • ¥1,100
    単価 あたり 
税込


出版社 : KADOKAWA

変わっていく、変わらない日々が、確かにここに在りました。

子どもたちだけで映画を観に行った思い出。
ひとり給食を食べるのが遅い、あの子のこと。

久しぶりに帰った実家での母との会話。
僕のことを忘れてしまった、おばあちゃんとのおしゃべり。

動物園デートの思い出。
結婚1年目に夫婦で見た景色。

子どもと歩いた散歩道での出来事。
子どもが寝静まった後の帰宅。
ビニールプールで遊んだ夏のこと。
家族で見た海の情景。

著者のひうち棚さんが2009年から2021年まで、毎日少しずつ丁寧に描いてきた随筆マンガ作品を一冊に。

恥ずかしくもある「昔」の記憶、いろいろある「今」の情景、そしてまだ見ぬ「未来」への願いの詰まった作品集は、たっぷり250ページの分厚い単行本になりました。
それでも、人の人生を、毎日を描ききるには充分な枚数ではないのかもしれません。
ですがきっと、忘れていた大事な時間や大切な人たちのことを、思い出すことはできます。
美しい線で光が描かれ、コマとコマの間に流れ始める時間は、私たちの人生の記憶と穏やかに重なります。

家のどこかにある、忘れていたアルバムの写真を眺めるように、ゆっくり少しずつ、楽しんで読んでいただきたい一冊ができました。


お客様へのおすすめ