マーク・マンダース『マーク・マンダースの不在』

マーク・マンダース『マーク・マンダースの不在』

  • ¥3,850
    単価 あたり 
税込


出版社 ‏ : ‎ HeHe

彫刻や言葉、オブジェを用いたインスタレーションによって国際的に評価を集める美術家、マーク・マンダース。
国内美術館ではじめてとなる個展開催にあわせ、待望の日本初作品集発売!

マンダースの作品は「建物としての自画像」という構想に沿って、その建物の部屋に置くための彫刻や言葉、オブジェの制作、作品が配置される空間全体をインスタレーションとして展開します。それは自身が架空の芸術家として名付けた「マーク・マンダース」その人の自画像を数々の作品を通して構築するという、きわめて大きな、そしてユニークな枠組みをもつ作品世界です。

個展のカタログを兼ねた本書は、本邦初公開となるヴェネツィア・ビエンナーレに出品された作品や、重要な個展では必ず出品されてきた代表作を含む1000m2に及ぶインスタレーション・ビューを今井智己が撮影。次章では、展覧会未出品20点を含む、計26点の作品について、マンダース本人によるテキストと図版で解説。その他作家のテキスト「マーク・マンダースの不在」「ドローイングのこと」や、スタジオ写真も収録した、作家マンダースを読み解く、貴重なモノグラフです。
松井みどり(美術評論家)の書き下ろし、オランダ・ボンネファンテン美術館のカタログに収録されたダグラス・フォーグル(キュレーター)によるエッセイ、本展を担当した鎮西芳美(東京都現代美術館学芸員)の論考によって、その作品が持つ魅力や意味を多面的に解説します。(出版社より)


お客様へのおすすめ