佐宗邦威『ひとりの妄想で未来は変わる』

佐宗邦威『ひとりの妄想で未来は変わる』

  • ¥1,980
    単価 あたり 
税込


出版社: 日経BP

いま、日本の企業においても社会においても、旧来のインフラや
システムの限界が露呈し、イノベーションが求められている。
だが、そのイノベーション活動のなかには、ゾンビのような生きていない活動も多い。
世の中を変える取り組みは、妄想をもったひとりの人が仲間を集め、新たな文化をつくる場と、
そこで生まれてきた意志によって創造を繰り返していく創造の生態系をつくることで持続可能になる。
つまり、人、場、意志、創造という“創造のエッセンス”が不可欠だ。

また、イノベーション活動は破壊的創造だけではなく、新たなモデルを既存の組織や仕組みに
接木(つぎき)していくことが必要になってくる。
ここで壁になるのが、既存の仕組みを回す管理と、新規の仕組みをつくる創造のOSの違いだ。
既存の組織の本質は「生産性の最大化を目指す」ものであるのに対し、
これから求められる組織とは、「知識創造の最大化を目指す」ものである。

この違いを理解し、ふたつの世界の橋渡しをする“革新の智慧”を
イノベーション活動のなかに埋め込むことが重要になる。
一人ひとりが発信したビジョンがやがてヒト・モノ・カネ・智慧を呼び込み、
生態系のような環境から新しいアイデアが次々と生まれる──
そんな「創造する組織」の経営モデルへ、どのように変わっていけばいいのだろうか。

イノベーターの旅は、最初はひとりの妄想から始まり、新たな事業や会社のモデルをつくり、
最終的には新たなモデルを社会実装するための経営モデルに進化させていくことになる。
著者は共創型戦略デザインファーム「BIOTOPE」を創業し、
さまざまな分野のイノベーション活動を支援してきた。
その経験から得た、ひとりの妄想から始めて未来を変えていく
“VISION DRIVEN INNOVATION”についての現場での実践知を、
「36の智慧」としてまとめたのが本書だ。

お客様へのおすすめ