秋山亮二『新編 津軽 聊爾先生行状記』

秋山亮二『新編 津軽 聊爾先生行状記』

  • ¥3,960
    単価 あたり 
税込


「津軽・聊爾先生行状記」は1978年に自身初の写真集として発表された、秋山の初期の代表作です。

70年代半ば、しばらく東京を離れて暮らしてみたいと思いたった秋山は、ユニークな発想のもと、新たな作品づくりに取り組み始めます。 それは「仮想の支局長として自らを地方都市に派遣し、その暮らしを仮想の本社へ写真でリポートする」という試みでした。 家族とともに 75年から 77年まで 青森県弘前市に移り住んだ秋山は、津軽で過ごした月日と、出会った 人々を写真で記録していきました。


お客様へのおすすめ