吉田篤弘『ソラシド』

吉田篤弘『ソラシド』

  • ¥814
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


出版社:中央公論新社

 

1986年の冬、たしかにこの街にあったもの――。コーヒーと幻のレコード。行方不明のダブルベース。「冬の音楽」をテーマに演奏していたデュオ〈ソラシド〉。

それから26年後、ライターになった「兄」は「妹」とともに、ソラシドを探して、失われた町の風景やかつて演奏された音楽の断片を訪ね歩き、もつれあった記憶と感情をときほぐしていく。
失ったものを想い、残されたものの未来を紡ぐ物語。

巻末に「コーヒーを飲みながら書いたあとがき」を付す。


お客様へのおすすめ