桜林直子 土門蘭『そもそも交換日記』

桜林直子 土門蘭『そもそも交換日記』

  • ¥2,090
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


四六判並製、346ページ
編集者:徳瑠里香
装画:あーちん
デザイン:竹内宏和(藤原印刷株式会社)
DTP・製本・印刷:藤原印刷株式会社

東京と京都。雑談と文筆。離れた場所で「言葉」を軸に働き暮らす、サクちゃん(桜林直子)と蘭ちゃん(土門蘭)の交換日記です。

そもそも、友達って? 自由って? 幸せって?
誰かに会ったとき、その人の何を見ている? どんなときに安心を感じる?
「自分を大事にする」ってどういうこと?

ふたりは、普段あまり意識することのない「そもそも」を見つめて、大きな概念を因数分解し、小さな心の機微を捉えて、言葉で輪郭を与えつづけてきました。問いを投げて、答えを考え、言葉を交わす。日記文学として、エッセイとして、なめらかな文章で綴られるふたりの思考の過程を辿るうちに、自分の心の奥に触れていることに気付かされるはずです。

この本には、日本で新型コロナウイルスが身近になり始めた2020年3月24日から2021年3月30日まで毎週交わした(cakesで連載)、1年分の日記が収録されています。

お客様へのおすすめ