【サイン本】大前粟生『柴犬二匹でサイクロン』

【サイン本】大前粟生『柴犬二匹でサイクロン』

  • ¥1,870
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


※サイン本はお一人一冊まででお願いいたします。二冊以上、二冊目のご注文は自動的にキャンセルいたします。ご了承ください。

出版社:書肆侃侃房

お互いにワンパンし合う関係で倒れた場所を花園とせよ

『おもろい以外いらんねん』『きみだからさびしい』の大前粟生、初めての短歌集。
短歌ムック「ねむらない樹」vol.7掲載で話題を呼んだ「とびひざげり」など約230首を収録。


ひとつ読むごとに 自分の中の知らないスイッチが押されどこかで知らない窓が開くこの感情、どうすりゃいいの?
────岸本佐知子(翻訳家)

このお言葉、あのお言葉、お日柄によって「グッ心地」が変わりました。
────もう中学生(芸人)


【収録歌より】
この痣を月に結んで大丈夫とびひざげりの妄想をする
棺桶に詰められるならパフェに似た佇まいでと約束の夏
ポカリスエット突然に目減りして光の代わりに光が入る
晩年はふいに浮上すたとえば鳥たとえば歌の途中で焦げて
ほがらかな血液の流れ悲しみは取り除けないからめぐらしてみる


お客様へのおすすめ