武田砂鉄さん 選 イアン・F・マーティン『バンドやめようぜ!』

武田砂鉄さん 選 イアン・F・マーティン『バンドやめようぜ!』

  • ¥2,750
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


※武田砂鉄さんの著作と選書フェアから、書籍代3,000円(税込)以上のご購入で、全タイトルのコメント入りの冊子ををプレゼント。フェアの対象の書籍はタイトルの頭に〜武田砂鉄さん 選と入っています。

坂本麻里子 翻訳
出版社 :‎ Pヴァイン

日本では否定的なレヴューがタブーとなっているのはなぜか?
松田聖子から渋谷系、ナンバーガールからAKB48までを論じる
イギリス人ジャーナリストによる日本ロック/ポップス批評

日本に住んで13年、イアン・マーティンが描いた、日本のオーヴァーグラウンド/アンダーグラウンドの大衆音楽史、
アイドルにおけるセクシャル・ポリティクスと後期資本主義、音楽メディアや公共性、伝統の問題……。
「日本メディアの側が自分たちの国をなんとも不思議な四つの季節を持ち、使うのがややこしい食器の数々を備えた神秘の地として描写したがるのと同じくらい、西洋側メディアも喜んでそのお返しとして奇妙でカラフルで派手やか、突飛なものなら何でも強調した東洋風な日本報道をおこなっている。
こんな風にして日本の音楽は西側においては主に歪んだレンズを通して認知されることになるのだし、僕がイギリスで大きくなる中で抱いていた日本の音楽に対するイメージもまたこの点に大いに影響されたものだった。」(本書より) (出版社より)

BBCから取材され、The Quietusで記事が組まれ、Crack Magazineが「今年読むべき本」のNo.1に選んだ、
イギリス人ジャーナリストによる噂の日本ロック/ポップス批評、ついに翻訳刊行!


お客様へのおすすめ