宇野常寛 選 	スコット・アンダーソン『ロレンスがいたアラビア 上・下』

宇野常寛 選  スコット・アンダーソン『ロレンスがいたアラビア 上・下』

  • ¥6,160
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


※200人選書のカテゴリーの中から書籍代5000円(税込)以上お買い上げで、店頭でお渡ししているタブロイド(選書コメントほぼ一覧)をプレゼント。対象の書籍はタイトルの頭に〜選と選者のお名前が入っています。

翻訳:山村宜子
出版社:白水社

死後70年以上経った今日なお、トーマス・エドワード・ロレンスは20世紀のもっとも謎に満ちた、毀誉褒貶相半ばする人物の1人であろう。本書はロレンスの評伝だが、けっして「聖人伝」ではない。第一次世界大戦中、ロレンスをはじめアラブ世界を舞台に暗躍した4人のスパイと彼らを取り巻く人間模様から、ヨーロッパ列強が中東という壺の中に手を突っ込んでかき回すさまを描いた歴史ノンフィクションである。
ロレンスほど有名ではないが、本書で重要な役割を果たす3人とは、表向きは大学講師だが、英国を欺くためオスマン帝国と共謀し、愛人のロシア系ユダヤ人医師を諜報活動に利用していたドイツのスパイ、K・プリューファー。ルーマニア系ユダヤ人の農学者で、オスマン帝国統治下のパレスチナで祖国建設のために奔走するシオニスト、A・アーロンソン。そして米東海岸の名門の出で、大手石油会社の調査員から米国務省の情報員に転身したW・イェールである。
戦況によってめまぐるしく変わる彼らの立ち位置を丁寧に追い、今日の中東紛争の淵源となった時代を躍動感あふれる筆致で描いた注目の歴史大作!(出版社より)

※店頭の在庫を優先しております。在庫切れの場合があるのでご了承ください。


お客様へのおすすめ