山本浩貴 選 熊本博之『交差する辺野古』

山本浩貴 選 熊本博之『交差する辺野古』

  • ¥3,960
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


※200人選書のカテゴリーの中から書籍代5000円(税込)以上お買い上げで、店頭でお渡ししているタブロイド(選書コメントほぼ一覧)をプレゼント。対象の書籍はタイトルの頭に〜選と選者のお名前が入っています。

出版社:勁草書房

当事者は誰なのか、誰が決定権を持っているのか、政府による自治への介入は許容され得るのか……複層する自治をめぐる争い。

辺野古の人々を20余年にわたって翻弄してきた普天間基地移設問題。辺野古区民、建設反対運動、そして日本政府が交差する中で、なぜ辺野古は生活環境悪化につながる「条件付き受け入れ容認」の立場をとることになったのか。辺野古区民の経験を通し、普天間基地移設問題は日本のどこでも起こりうる、普遍的な社会問題であることを描き出す。(出版社より)

※店頭の在庫を優先しております。在庫切れの場合があるのでご了承ください。


お客様へのおすすめ