ダグ・スティーブンス『小売の未来』

ダグ・スティーブンス『小売の未来』

  • ¥2,420
    単価 あたり 
税込


出版社 : プレジデント社

リアル店舗は、感動する体験を提供せよ――グーグル、ウォルマート、IKEA、BMW、エスティローダーなどのグローバルブランドの戦略策定に関わった世界的な小売コンサルタントの最新作。アフターコロナに生き残る店舗経営とは?
「アフターコロナ時代はますますアマゾンやアリババなどのメガ小売の独壇場となっていくだろう」
「その中で小売業者が生き残る方法は、消費者からの『10の問いかけ』に基づく『10のリテールタイプ』を追求することだ」
「『自分たちはどのタイプで戦うのか』を正しく知る小売業者だけが生き残る」
と本書の著者ダグ・スティーブンス氏は説きます。
小売業界がパンデミックに打ち勝ち、さらに繁栄するための最新情報と戦略、そしてリーダーシップについて語った、次世代小売のロードマップです。

【本書で展開される10の「リテールタイプと消費者の問いかけ」】
1「ストーリーテラー」型→自分を奮い立たせてくれるブランドはどれ?
2「活動家」型→自分の価値観と一致するブランドはどれ?
3「流行仕掛け人」型→新しくてクールなものは、どこに行けば手に入る?
4「アーティスト」型→一番充実した体験が味わえるのはどこ?
5「透視能力者」型→自分のことを一番理解してくれているのは誰?
6「コンシェルジュ」型→最高水準のサービスはどこで受けられるの?
7「賢者」型→一番いい助言がもらえるのはどこ?
8「エンジニア」型→最高に作り込まれた商品はどこで手に入るの?
9「門番」型→必要な商品はどこで手に入るの?
10「背教者」型→この商品が欲しいけれど、もっと買いやすくしてくれるのは誰?


お客様へのおすすめ