信田さよ子 選 代島治彦『きみが死んだあとで』

信田さよ子 選 代島治彦『きみが死んだあとで』

  • ¥2,530
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


※200人選書のカテゴリーの中から書籍代5000円(税込)以上お買い上げで、店頭でお渡ししているタブロイド(選書コメントほぼ一覧)をプレゼント。対象の書籍はタイトルの頭に〜選と選者のお名前が入っています。

出版社:小学館

1967年、10・8羽田闘争。同胞・山﨑博昭の死を背負った14人は、その後の時代をどう生きたのか?
全共闘世代の証言と、遅れてきた世代の映画監督の個人史が交差する、口承ドキュメンタリー完全版。

1967年10月8日、佐藤栄作首相の南ベトナム訪問阻止を図る全学連が、羽田・弁天橋で機動隊と激突、当時18歳だった京大生・山﨑博昭さんが死亡した10・8羽田闘争。この〈伝説の学生運動〉に関わった若者たちのその後を描いた長編ドキュメンタリー映画『きみが死んだあとで』を書籍化。
山本義隆(元東大全共闘議長)、三田誠広(作家)、佐々木幹郎(詩人)をはじめ、当時の関係者への延べ90時間に及ぶ取材メモをもとにした、映画未収録インタビューを含む口承ドキュメンタリー完全版。「しらけ世代」の代島監督がいちばん憧れた「全共闘世代」のヒーロー、秋田明大(元日大全共闘議長)に迫る書き下し原稿も掲載! 若者は「10.8後」をどう生きたのか。あの時代の貴重な証言がここに。(出版社より)

※店頭の在庫を優先しております。在庫切れの場合があるのでご了承ください。


お客様へのおすすめ