河原崎奬堂『内外文様類集(全10冊)』

  • ¥18,150
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


【古書】

出版社:芸艸堂

作者である河原崎奨堂は、1899年京都に生まれ染織図案家として活躍した。
衣裳問屋『丸紅』の意匠部で型友禅の図案を制作しながら染織模様の研究を続け、草花に代表される細密な描写や、京都独得の華やかな日本画表現を修得。戦後は、芸艸堂の監査役として経営に携わるとともに、草花を描いた大錦判木版画の原画を手がける。200種をこえる版画が制作され、日本の植物画として多くの作品が海外に渡った。
そんな奨堂が書き綴った文様集の10巻セットはもちろん資料としても充実の内容ですが、表紙それぞれの自然な色味や和綴じのしっかりとした作りにも日本の美意識が感じられます。

状態:カバー付き、天地全体的にシミあり、表紙に折れ跡あり、内ページについては美品

※店頭でも販売している一点物のため、タイミングによっては売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。


お客様へのおすすめ