【10/ 31 (日)】『一人飲みで生きていく』刊行記念<br>稲垣えみ子さん × 吉田類さんトーク <br>「カウンターに座ろう!」

【10/ 31 (日)】『一人飲みで生きていく』刊行記念
稲垣えみ子さん × 吉田類さんトーク
「カウンターに座ろう!」

  • ¥1,540
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

申込みの前に必ず参加規約をお読み下さい。

お申し込みはこちら

上記より規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

 参加規約に同意する

予約ページに進む


日程 2021年10月31日 (日)
時間 14:00〜15:30
開場 13:30〜
料金 1,540円(税込)
定員 60名
会場 本店 大教室

 

稲垣えみ子さんが40歳にして一人飲みをはじめ、試行錯誤しながらも「一人飲みの極意」を掴み、なんと人生までもが好転した顛末が描かれている『一人飲みで生きていく』。刊行を記念して、番組「吉田類の酒場放浪記」で18年もの間、酒を求め、肴を求め続ける一人飲み界のレジェンド・吉田類さんとトークを行います。
酒場を愛するお二人が、一人飲みを楽しむ秘訣や、「ご常連さん」になるまでのお店への気遣い、酒場でのコミュニケーションなどについて語り合います。
ぜひご参加ください。

※大事なお知らせ
・手洗い・うがい、自宅を出る前に体温測定のご協力を必ずお願いいたします。 熱がある場合、体調に異変を感じる場合は参加をお控えください。返金いたしますので、その旨をお伝えください。 また入り口での手の消毒、マスクの着用を必須といたします。マスクを着用されていない場合、会場に入れませんのでご注意ください。
・お席は間隔を空けて、お座りいただく形です。


プロフィール

author

吉田類 よしだ・るい

1949年高知県出身。イラストレーター、エッセイスト、俳人。酒場と旅をテーマに執筆活動を続ける。BS-TBSの人気番組「吉田類の酒場放浪記」に出演中。著書に『酒場詩人の美学』『酒は人の上に人を造らず』(どちらも中央公論新社)など。

author

稲垣えみ子 いながき・えみこ

1965年、愛知県生まれ。一橋大学社会学部卒。朝日新聞社入社。大阪本社社会部、『週刊朝日』編集部などを経て論説委員、編集委員をつとめ、2016年に50歳で退社。以来、夫なし、子なし、冷蔵庫なし、ガス契約なしの「楽しく閉じて行く生活」を模索中。日本酒好きとしても知られ、イベントを手伝ったり主宰したりと普及活動にも励む。著書に『魂の退社』『寂しい生活』『人生はどこでもドア―リヨンの14日間』(共に東洋経済新報社)、『アフロ記者』(朝日新聞出版)など。『もうレシピ本はいらない』(マガジンハウス)で第5回料理レシピ本大賞料理部門エッセイ賞を受賞。


書籍情報

book

『一人飲みで生きていく』

仕事帰りに、出張先で……いい感じの店でふらりと飲みたいと思っても勇気が出なかった私。一念発起し目指すは「車寅次郎」、失敗をしながらも、店になじみ歓迎される「一人飲みの作法」を見いだすうちに気づいたのは、一人飲み=社会に自分の居場所を作り出すコミュニケーション術だということ。大金も情報も人脈もない、ただの私のままで受け入れてもらうには。ユーモアたっぷりでお届けするソロ飲み冒険記。