クラウス・グリム『額縁の歴史』

クラウス・グリム『額縁の歴史』

  • ¥13,200
    単価 あたり 
税込


翻訳:前堀信子
監修:木村三郎/千速敏男
出版社:青幻舎

 

額縁狂の学者が書いた、額縁史の名著、リバイバル

小さな「建築」のような中世祭壇画の額縁や、絵柄の一部が額縁にはみ出し、一体化した作品など、中世から20世紀に至る500点近い額縁を収録。
イギリス、フランス、イタリアなどの「国別」、「時代別」、「様式別」に分類し、それぞれの額縁が果たしてきた役割にも言及。
絵画と額縁の“密"な関係を探る、稀代の名著!

・クラウス・グリム氏による「新たな日本語版への序文-ヨーロッパの絵画とその額縁」を新規収録
・美術関係者からの根強い復刊の希望を受け、新装・復刻版を刊行


お客様へのおすすめ