管賀江留郎『冤罪と人類』

管賀江留郎『冤罪と人類』

  • ¥1,364
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


出版社:早川書房

 

18歳の少年が死刑判決を受けたのち逆転無罪となった〈二俣事件〉をはじめ、戦後の静岡で続発した冤罪事件。その元凶が、“拷問王"紅林麻雄である。検事総長賞に輝いた名刑事はなぜ、証拠の捏造や自白の強要を繰り返したのか? アダム・スミスからベイズ統計学、進化心理学まで走査し辿りついたのは、〈道徳感情〉の恐るべき逆説だった! 事実を凝視することで昭和史=人類史を書き換え、人間本性を抉る怪著。


お客様へのおすすめ