【6/ 25 (火)】『西澤明洋の成功するブランディングデザイン』 刊行記念トークイベント <br>「本当に良いモノをより良いカタチに導く講座」

【6/ 25 (火)】『西澤明洋の成功するブランディングデザイン』 刊行記念トークイベント
「本当に良いモノをより良いカタチに導く講座」

  • ¥1,540
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

 

申込みの前に必ず参加規約をお読み下さい。

お申し込みはこちら

上記より規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

 参加規約に同意する

予約ページに進む


日程 2024年6月25日 (火)
時間 19:00〜20:30
開場 18:30〜
料金 1,540円(税込)
定員 100名
会場 本店 大教室


 

「良いものを作っても、売れない」そんな声をよく耳にします。長引く不況ではありますが、世にあるどの商品も品質が高まり、どれが本当に良いものなのかが分かりにくい市場となっていることが、大きな原因と言っても過言ではありません。そんな時代に、生活者と企業、あるいは企業間を結ぶ良質で恒久的なコミュニケーションの構築はどうしたら良いのか? この大命題に西澤明洋氏は「ブランディングデザイン」を行うことで、ブランドをつくり出し、本当に良いものを、より良いカタチに導き、数多くの成果を上げています。
本イベントでは、西澤氏の近年の成功事例をもとに、独自のデザイン開発手法である、「フォーカスRPCD®」を使った、リサーチからプランニング、コンセプト開発まで含めた一貫性のあるブランディングデザインの手法と実際の展開を解説していただきます。また、エイトブランディングデザインの組織運営の成功の秘訣や問題解決の実例も必聴の価値があります。

聞き手に、『デザインノート』を支える編集&ライター・原田優輝氏をお迎えします。デザイナーやアートディレクターを中心に数多のトップクリエイターの取材の質と量を誇る原田氏の卓越したインタビュー力を生かし、西澤氏の独自の視点やクリエイティブなプロセスを、鋭い質問によって深く掘り下げます。単なるインタビューを超えて、西澤氏の仕事だけでなく人生観の核心に迫るものとなり、新たな視点と気づきを提供してもらえます。
終了後、サイン会も開催いたします。


プロフィール

author

西澤明洋 にしざわあきひろ

ブランディングデザイナー。株式会社エイトブランディングデザイン代表。「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、企業のブランド開発、商品開発、店舗開発など幅広いジャンルでのデザイン活動を行う。主な仕事にクラフトビール「COEDO」、抹茶カフェ「nana’s green tea」、スキンケア「ユースキン」など。グッドデザイン賞をはじめ、国内外100以上の賞を受賞。
著書に『ブランディングデザインの教科書』、『ブランドをデザインする!』(パイ インターナショナル)、『ブランドのはじめかた』、『ブランドのそだてかた』(日経BP・中川淳共著)、『クリエイティブのつかいかた』、『アイデアを実現させる建築的思考術』(日経BP)、『新・パーソナルブランディング』(宣伝会議)。デザイン誌での特集に『デザインノート 西澤明洋の成功するブランディングデザイン』(誠文堂新光社)がある。

author

原田 優輝 はらだ ゆうき

編集者。1981年生まれ。株式会社カンバセーションズ代表。デザイン関連媒体の編集・執筆、企業のオウンドメディア制作、デザイン組織の発信サポート、トークイベントの企画・司会進行などを手がける。自主プロジェクトに、「問い」をカタチにするインタビューメディア「Qonversations」、地域と地域をつなぐインターローカル・プロジェクト「◯◯と鎌倉」などがある。2024年4月より、ポッドキャスト番組「デザインの手前」をスタート。著書に『欲望するインタビュー』(Pヴァイン)、『旅するカンバセーションズ』(カンバセーションズ・ブックス)がある。


書籍情報

book

『西澤明洋の成功するブランディングデザイン』

デザインノート 編集部 編
誠文堂新光社 刊
A4変形判(285×220mm) 128ページ
本体価格 2,200円+税 本書は、2022年7月刊行『デザインノートPremium 西澤明洋の成功するブランディングデザイン』が大好評につき、最新の仕事の事例を約40ページ増補し書籍化。
西澤明洋氏は、時代に先駆け「ブランディングデザイン」というジャンルを開拓し、企業の経営戦略にコミットする活動を展開してきた先駆者です。西澤氏がエイトブランディングデザインを立ち上げたのは2006年。「フォーカスRPCD®」という独自の機能性の高い手法を開発し、一貫性のあるブランディングデザインを実現。以来、「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、ビールから神社まで業界業種を問わず100以上のブランドを成功へと導いてきました。
企業経営におけるデザインの重要性が語られる時代において、西澤氏は、ますます求められる存在となっています。本書では、西澤氏率いるエイトブランディングデザインが手がけているプロジェクトのなかから多様な20例を紹介。それぞれのクライアントと西澤氏がどう向き合い、最適な解へと導いたのか、そのロジックを全公開。さらに、建築家・隈研吾氏、クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏との特別対談も加え、ブランディングデザインの本質に迫る1冊となります。デザイナーのみならず、ビジネスリーダー必見の内容です。