【2/ 28 (火)】『闘う舞踊団』(夕書房)刊行記念<br>金森穣×大澤真幸トークイベント<br>「日本の劇場はどこへいくのか」

【2/ 28 (火)】『闘う舞踊団』(夕書房)刊行記念
金森穣×大澤真幸トークイベント
「日本の劇場はどこへいくのか」

  • ¥1,540
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

申込みの前に必ず参加規約をお読み下さい。

お申し込みはこちら

上記より規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

 参加規約に同意する

予約ページに進む


日程 2023年2月28日 (火)
時間 19:00〜20:30
開場 18:30〜
料金 1,540円(税込)
定員 70名
会場 本店 大教室

 

日本初の劇場専属舞踊団Noismを率いてきた舞踊家・振付家の金森穣さんが、創作活動と同時に力を注いできたのが、劇場専属としてのカンパニー運営でした。 『闘う舞踊団』は、18年にも及ぶ金森さんのNoismをめぐる闘いの日々を振り返った、初めての単著です。
昨年ようやく「市の文化政策」と明文化されたNoismですが、そこに至るまでの軌跡からは、日本の劇場文化の現在と課題、そしてこれからの社会を考えるヒントが見えてきます。 本書の刊行を記念し、社会学者の大澤真幸さんをお迎えして、劇場とは何か、文化とは何か、芸術とは何か、ひいてはこれからの日本の向かうべき方向性について、Noismの実践をもとに、また世田谷パブリックシアターで開催されたばかりのNoismの新作「Der Wanderer—さすらい人」(2/24-26)の裏話を交え、議論していただきます。
トーク終了後にはお2人のサイン会も開催します。ぜひこの機会にご参加ください。


プロフィール

author

photo: Shoko Matsuhashi

金森穣 かなもり・じょう

演出振付家、舞踊家。Noism Company Niigata 芸術総監督。 1974年生まれ。モーリス・ベジャール等に師事。ルードラ・ベジャール・ローザンヌ在学中から創作を始め、NDT2在籍中に20歳で演出振付家デビュー。10年間欧州の舞踊団で活躍したのち帰国。
04年、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督に就任、日本初となる公共劇場専属舞踊団Noism を立ち上げる。革新的な創造性に満ちたカンパニー活動は国内外から高い評価を得ている。
2003年朝日舞台芸術賞、平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞、第60回毎日芸術賞など、受賞歴多数。令和3年紫綬褒章。


author

大澤真幸 おおさわ・まさち

社会学者。1958年生まれ。
東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。 著書に月刊個人思想誌『大澤真幸THINKING「O」』、「〈世界史〉の哲学」シリーズ(講談社)、『社会学史』(講談社現代新書)『自由という牢獄』(岩波現代文庫)『不可能性の時代』(岩波新書)など多数。


書籍情報

book

金森穣『闘う舞踊団』

定価:2,000円+税

すべてはこの国の劇場文化のために——
17 歳で渡欧、巨匠ベジャールやキリアンの寵愛を受けた舞踊家・振付家、金森穣が日本で選んだのは、新潟で日本初の劇場専属舞踊団Noism Company Niigataを設立、踊り、創り、率いるという茨の道だった。
何度も存続の危機を乗り越えながら、今ようやく「市の文化政策」となったNoism が目指す、劇場のあるべき姿とは。そして新生Noism の行方は。現代を生きるすべての人に贈りたい、胸が熱くなる渾身の回顧録!