アーサー・マッケン『怪奇クラブ』(東京創元社復刊フェア2022)

アーサー・マッケン『怪奇クラブ』(東京創元社復刊フェア2022)

  • ¥1,056
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


出版社:東京創元社
翻訳者:平井呈一

罪とエクスタシーの作家アーサー・マッケン。イギリス怪奇小説の黄金期を代表する彼の作品は、いずれも妖しいまでの白光に包まれている。本書には、白い粉薬を飲んだがために肉体が溶けてしまう青年を描いた「白い粉薬のはなし」をはじめ、円環をなす一連の奇譚を集めた表題作に、“聖杯”をテーマにすえ、怪奇小説のひとつの終点をも暗示する「大いなる来復」を併せて収録した。(出版社より)

お客様へのおすすめ