【9/ 27  (火)】『ぼくらは嘘でつながっている。』刊行記念  堀潤×浅生鴨 トークイベント「嘘と作家とジャーナリスト」

【9/ 27  (火)】『ぼくらは嘘でつながっている。』刊行記念  堀潤×浅生鴨 トークイベント「嘘と作家とジャーナリスト」

  • ¥1,540
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

申込みの前に必ず参加規約をお読み下さい。

お申し込みはこちら

上記より規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

 参加規約に同意する

予約ページに進む


日程 2022年9月27日 (火)
時間 19:00〜20:30
開場 18:30〜
料金 1,540円(税込)
定員 70名
会場 本店 大教室

フェイクニュースやデマ、誤解や勘違い、ごまかしや改ざんや言い逃れ。
いま、世界は溢れんばかりの「嘘」に覆われています。

「嘘はいけないこと」「嘘は悪いこと」だと、私たちは子供のころから教わってきました。
けれども、本当にそうなのでしょうか。
じつは、日々の暮らしの中で、あるいは仕事の中で、私たちは毎日小さな嘘をつき続けています。
「嘘」とは何か。なぜ私たちは「嘘」をつくのでしょうか。

物語という「嘘」を綴って暮らす小説家の浅生鴨さんは、
9月13日に『ぼくらは嘘でつながっている。』(ダイヤモンド社)という本を上梓します。

世間に溢れる「嘘の種類」を分析し、
人間社会がいかに「嘘」によって成り立っているか、
他人の「嘘」や自分の「嘘」とどのように付き合うか、
「嘘」を知ることで生き方や考え方を楽にするヒントまでが満載の本です。

その刊行を記念し、著者の浅生鴨さんと、浅生さんがNHKで働いていたころからの盟友であり、ジャーナリスト/キャスターである堀潤さんとのトークイベントを開催します。

作家とジャーナリスト。
まったく異なるベクトルで世の中の課題に向き合う二人ですが、
根底にある想いは同じだと言います。

世界に蔓延する「嘘」とどう対峙するか、「嘘」をどのように見分けるか、
「嘘」に接したときにどのように振る舞うべきかなどについてたっぷりお話しします。

書籍では触れていない「嘘」が飛び出すかもしれません。
仲の良い二人ならではの、赤裸々でリアルなトークを予定しております。

質疑応答の時間もあります。
ぜひ、お気軽にご参加ください!

※大事なお知らせ
・手洗い・うがい、自宅を出る前に体温測定のご協力を必ずお願いいたします。 熱がある場合、体調に異変を感じる場合は参加をお控えください。返金いたしますので、その旨をお伝えください。 また入り口での手の消毒、マスクの着用を必須といたします。マスクを着用されていない場合、会場に入れませんのでご注意ください。
・お席は間隔を空けて、お座りいただく形です。


プロフィール

author

堀潤 ほり・じゅん

ジャーナリスト・キャスター
8bitNews代表理事/GARDEN CEO/わたしをことばにする研究所 副所長
1977年神戸市生まれ
学生時代にメディアを研究、2001年NHKに入局
「ことば」と「映像」を使った発信が専門で、ドキュメンタリー映画も制作
「大きな主語」よりも「小さな主語」を大切にことばを伝えている
監督映画「わたしは分断を許さない」(2020年)
出演中の番組TOKYO MX「堀潤モーニングFLAG」、ABEMA「ABEMA Prime」

author

浅生鴨 あそう・かも

1971年、兵庫県生まれ。作家、広告プランナー。出版社「ネコノス」創業者。早稲田大学第二文学部除籍。中学時代から1日1冊の読書を社会人になるまで続ける。ゲーム、音楽、イベント運営、IT、音響照明、映像制作、デザイン、広告など多業界を渡り歩く。31歳、バイクに乗っていた時に大型トラックと接触。三次救急患者として病院に運ばれ、10日間意識不明で生死をさまよう大事故に遭うが一命を取りとめる。「あれから先はおまけの人生。死にそうになるのは淋しかったから、生きている間は楽しく過ごしたい」と話す。リハビリを経てNHKに入局。制作局のディレクターとして「週刊こどもニュース」「ハートネットTV」「NHKスペシャル」など、福祉・報道系の番組制作に多数携わる。広報局に異動し、2009年に開設したツイッター「@NHK_PR」が公式アカウントらしからぬ「ユルい」ツイートで人気を呼び、60万人以上のフォロワーを集め「中の人1号」として話題になる。2013年に初の短編小説「エビくん」を「群像」で発表。2014年NHKを退職。現在は執筆活動を中心に自社での出版・同人誌制作、広告やテレビ番組の企画・制作・演出などを手がける。著書に『伴走者』(講談社)、『アグニオン』(新潮社)、『だから僕は、ググらない。』(大和出版)、『どこでもない場所』『すべては一度きり』(以上、左右社)など多数。 元ラグビー選手。福島の山を保有。声優としてドラマに参加。満席の日本青年館でライブ経験あり。キューバへ訪れた際にスパイ容疑をかけられ拘束。一時期油田を所有していた。座間から都内まで10時間近く徒歩で移動し打合せに遅刻。筒井康隆と岡崎体育とえび満月がわりと好き。2021年10月から短篇小説を週に2本「note」で発表する狂気の連載を続ける。


書籍情報

book

『ぼくらは嘘でつながっている。元NHKディレクターの作家が明かす人間関係の悩みが消えるシンプルな思考法』

ダイヤモンド社
定価:1500円+税

「嘘のつき方」が、人間関係を決めている。

人間はみんな嘘つき。だから相手の嘘を暴いたり、自分の正しさを押し付けてもいいことはない。嘘の功罪を知り尽くした元NHK制作局ディレクターの作家が、嘘を分解して嘘の全貌を明らかにし、嘘との付き合い方を知ることで幸せな人間関係を築く方法を伝える。