Aoyama Book Cultivation

本屋は、通常の書籍販売では、粗利が20%前後と低いことに加え、流通の仕組み上、どうしても受け身の姿勢が強くなってしまう商いです。出版プロジェクトでは、誰もが無理や損をすることなく、本屋としても通常より大きい粗利を得ることができます。いい棚を作ることは大前提として、出版を通して、これからの本屋の形の一つとして風穴を開けていきたいと考えてい ます。今後も出版ごとに、色々な座組を組み、その本が1番輝く形を、本屋ならではの本屋からの視点で模索し続けていきます。

申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。