阿部海太 選 志樹逸馬『新編 志樹逸馬詩集』

阿部海太 選 志樹逸馬『新編 志樹逸馬詩集』

  • ¥2,530
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


※220人選書のカテゴリーの中から書籍代6000円(税込)以上お買い上げで、店頭でお渡ししているタブロイド(選書コメントほぼ一覧)をプレゼント。対象の書籍はタイトルの頭に〜選と選者のお名前が入っています。

※店頭の在庫を優先しております。在庫切れの場合があるのでご了承ください。

編集:若松英輔
出版社:亜紀書房

曲った手で 水をすくう
こぼれても こぼれても
みたされる水の
はげしさに
いつも なみなみと
生命の水は手の中にある
指は曲っていても
天をさすには少しの不自由も感じない
(「曲った手で」)


大きな困難の中にあって、生きることの喜びと光を求め続け、言葉を紡ぎ続けた伝説の詩人。
キリスト教信仰に裏打ちされたひたむきで純粋なことばたち。長く入手困難だった詩作品が、ついによみがえる。
これまでに刊行された二冊の詩集『志樹逸馬詩集』(方向社、1960年)、『島の四季』(編集工房ノア、1984年)に収録された全詩に加え、遺稿ノートから未公刊の詩を選んで編む。(出版社より)


お客様へのおすすめ